貯金


タンス貯金の危険性

銀行などに預けておいても、
今は利子でどんどんお金が貯まっていく時代ではないです。

ですから、自分の家に現金を置いておくという選択をする人も少なからずいるでしょう。
特に、専業主婦や高齢者にはそのような人は一定数いるはずです。
いわゆるタンス貯金です。

確かに、旅行にも行かなかったり、あまり出歩くことが趣味でない人の場合、
タンス貯金が一番面倒でないかもしれません。

お金が貯まっていくのをいつも自分の目で確かめることもできるので、
とても楽しいかもしれません。

しかし、人間の生活には変化がつきものです。
突然、外出をする用事が増える場合もあります。
そのような場合、タンス貯金は誰も守ってくれません。
家が火事になったら、札束なら綺麗に燃えてしまいます。
ただし、火災保険で、燃えてしまった住宅やら家財道具やらは
保証されるかもしれません。

ところが、泥棒が入って、大切なタンス貯金を
持っていかれた場合はどうにもなりません。
泥棒は長年の経験から、どのようなところに
タンス貯金が隠されているかをよく知っているようです。

ですから、泥棒に入られ、家族に内緒にしていたタンス貯金を
すっかりと持っていかれた場合は諦めないといけないでしょう。
タンス貯金は安心な貯金方法とはとても言えません。





最新情報

★ HOME 『平成27年3月14日』
★ 貯金よりも運用したほうがお得? 『平成27年3月14日』
★ 銀行がつぶれた時って口座のお金はどうなるの? 『平成27年3月14日』
★ 複数の銀行に口座を持つことって意味あるの? 『平成27年3月14日』
★ 貯金におすすめの銀行ってある? 『平成27年3月14日』
★ 低金利でも貯金すべき? 『平成27年3月14日』





メニュー

トップページ
低金利でも貯金すべき?
貯金におすすめの銀行ってある?
複数の銀行に口座を持つことって意味あるの?
銀行がつぶれた時って口座のお金はどうなるの?
貯金よりも運用したほうがお得?


© 貯金テクニック!銀行口座を持ってお金を貯めよう! All Rights Reserved.